6356 BLOG

スタディラウンジがお届けする
情報コンテンツです。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 渋谷のあっち側こっち側
  4. 「つ」!?に惹かれて
blog_tsu

「つ」!?に惹かれて

昨年11月にオープンした渋谷スクランブルスクエア。オープン当初の混雑は異常な程でしたが、少し落ち着いたようです(平日限定)。スタディラウンジからも歩いて5分かからずに行けるので、たまに仕事帰りに立ち寄ったりもしています。

先日、渋谷で食事をすることになり、渋谷三丁目辺りをぶらぶらしてみましたが、ジャンルの目処も立てていなかったので見つからず。渋谷ストリームの中のレストランフロアを一周しましたが、やはり見つからず・・・最後にスクランブルスクエアへ。とりあえずエレベーターでレストランフロアに行ってみましたが、ちょっと敷居が高そうなお店ばかりで不安に(笑)この日は寒かったので温かいものが食べたいとだけ話していたのですが、温かいものって?このフロアだとしたら、寿司、そば以外、そんな決め方でごめんなさい(笑)

選んだお店は・・・つ!つ?つ・・・
blog_tsu2
インパクトのあるこの装飾。メニュー、箸入れ等の至る所にも「つ」が。正直に言いますと、食事を済ませてお店を出るまで、この店の名前が「つ」だと思っていました。店内にはいったい何個の「つ」が?

このブログを書くために・・・
お店のことを少し調べてみたところ、私にとっては「必然」と思ってしまうことが発覚しました。店舗デザインやブランディングを、クリエイティブディレクターの佐藤可士和氏が手掛けているようです。何となくこの店に惹かれた理由がわかりました。個人の話になってしまいますが、大学時代に彼のデザインプロセスに興味を持ち、自分の制作にも大きな影響を与えました。彼のデザインした物が、世の中には溢れていますが、まさか今もセンサーに引っかかってしまうとは恐ろしくも尊敬してしまう彼のブランディング力。

佐藤可士和 氏のプロフィールはこちら >

ところで何の店?
「しゃぶしゃぶつかだ」というお店です。「塚田農場」を手掛けるエー・ピーカンパニーの新業態。「厳選したお肉とともにこだわり野菜を楽しむ一人一鍋のご馳走」がコンセプトで、確かにお肉もお野菜もとても美味しかったです。カウンターテーブルでの一人一鍋は、他には無い忙しい都会ならではの斬新さ。言われてみれば、ひとりしゃぶしゃぶをしている方も多くみられました。メニューはコースのみですが、5,000円弱でA5ランクのお肉が楽しめます。ちなみにランチメニューもあるようですが混んでそう・・・

お店の詳しい情報はこちら >

ちなみに最後のデザートにも・・・
blog_tsu4
やっぱり「つ」。

ファストフード店のように、ちょっと立ち寄る場所ではありませんが・・・目標を達成した帰りや、自分へのご褒美にご利用してみてはいかがでしょうか?

関連記事